ライブ記録アプリで、メモを書けるようになりました

f:id:stttx:20160604190224g:plain

ただいま開発中でベータテスト中のライブ記録アプリで、いったライブのメモを書けるようになりました。

その時の感想を書いたり、セットリストを書いたりして、残しておくことができます。

ひきつづき試してくれる人を募集中ですので、もし iOS8.1 以降の iPhone を使っていて試してくださるかたがいましたら @sttt___ にはなしかけていただくか、↓のツイートにいいねしてください。DM でご連絡します。

ライブ記録アプリで、その日のツイートを表示するようにしました

f:id:stttx:20160514122739p:plain:w300

ただいまベータテスト中で、何人かのかたに使っていただいている(ありがとうございます!)ライブ記録アプリですが、登録したライブの日のツイートを表示するようにしました。

ライブがある日は起きてから入場までライブのことを考えていたり、ライブ後に感想をつぶやいたりしていると思います。それが自動で表示されたら、前にいったライブをふりかえるのに楽しいかなと思い、やってみたらいい感じなので表示することにしました。

1年前にいったライブとかだと、ああそういえばこの時こんなだったなとか思い出せてなかなか楽しいです。

参加したライブを記録するアプリをつくりました

もう1年近く前からつくっていて、たまにつぶやいたりもしていたので覚えてくれている人もいるかもしれませんが、やっとアプリをリリースできるところまできました。

もし iOS8.1 以降の iPhone を使っていて試してくれる人がいましたら @sttt___ に返信かメッセージください!

f:id:stttx:20160402143551p:plain:w300

このアプリは参加したライブを写真と一緒に記録して、あとからふりかえったりすることができるアプリです。まだまだできるようにしたいことはたくさんありますが、ひとまずここでリリースすることにしました。

入力画面はこんな感じです。

f:id:stttx:20160402143555p:plain:w300

プロモーションコードを使ってアプリをインストールする方法

f:id:stttx:20160402140218p:plain:w300

参加したライブを記録するアプリ「Loveless」をつかってもらえるかた向けに、「プロモーションコード」を使ってアプリをインストールする方法について説明します。

5 ステップでインストールできますので、ぜひお試しいただけると幸いです。

※ インストールできるのは、iOS8.1 以降の iPhone をお使いで「プロモーションコード」をお持ちのかたになります。

使い方

1) App Storeをたちあげます。

f:id:stttx:20160402140153p:plain:w300

2) おすすめの一番下まで移動してコードを使うをタップします。

f:id:stttx:20160402140159p:plain:w300

3) コードはキーボードでも入力できます。をタップして、「プロモーションコード」を入力します

f:id:stttx:20160402140206p:plain:w300

4) コードを使うをタップします。

f:id:stttx:20160402140210p:plain:w300

5) Lovelessがインストールされるので、開くをタップします。

f:id:stttx:20160402140214p:plain:w300

何かありましたらこちらからご意見お待ちしております!

f:id:stttx:20160403112426p:plain:w300

あたらしい音楽と出会う日常をつくりたい

いまだタイトル決めれず: 独断的音楽ビジネス予測2016〜周回遅れをショートカットして世界のトップに〜という記事を読みました。

気になったのはこの辺です。

実は、ストリーミングサービスが普及した時に起きることの一つが旧譜の活性化だ。これまでは、その年にリリースした作品の売上比率が高かった。会社にもよるけれど8割以上は新譜売上というケースが多かっただろう。ところが、収益のメインがストリーミングサービスになるとすると、旧譜からの収益の比率が一気に上る。しかも、旧譜活性化には、莫大な宣伝費を掛ける必要はない。ストリーミングサービス内でプレイリストをつくって、嗜好性の近いユーザーにリコメンドしていくことが主たるPR手法になるのだ。レコード会社の収益率は画期的に向上する。

「旧譜の活性化」というのは僕がずっと考えていたことにちょっと近く、今はその小さな小さな第一歩としてアプリをつくっています。

僕はあたらしい音楽と出会う日常というのをつくりたいと思っています。どういうことかというと、僕は大学時代に軽音サークルに入っていたのですが、そういう友達と車ででかけようとすると今日は何聴くかとかいいながら CD ケースをぱらぱらめくってなかなか駐車場を出ないみたいなことがよくあったり、それで車が走りだすと今度はこの曲はなんとかの元ネタなんだけどめちゃくちゃさわやかで、みたいな話をよくしていました。お酒を飲んでる時なんかも、気になるバンドが新しくアルバムを出したことをおもいだして、そういえばあれ聞いた?とかいってやっぱりよく話したりしていました。

新しい音楽も昔の音楽も知らない音楽であれば僕にとってあたらしい出会いです。こんな風に新しい音楽と出会うことが僕の大学時代ではよくありました。そういうのが社会人になってだんだん減ってしまったことにさみしくなりました。それであたらしい音楽と出会う日常をまたつくりたいなと思ったのです。

上の記事のリコメンドというのは、おそらく機械的に推薦するのだろうけど、僕は Twitter でフォローしているかたが音楽とか最近聴いてる音楽とかもうずっと聴いてる音楽とか知りたいと思うのでそういうことができたらいいなと思っています。

あけましておめでとうございます

2016年になったばかりのちょうどいい時期なのでブログをはじめてみました。

去年までは別のところでライブにいった記録をたんたんと残していました。そこがあまり使いやすくなかったというのとライブのことばかり書いていたので他のことも書きたくなったというのがあったので気分を一新してここでブログを開設してみたというわけです。

どうも僕は文章を書くときはなんだか身をひきしめてしまうようなところがあるのですが、もっと自分の弱いところとかいやらしいところとかをかっこつけずに書きたいという思いをこめてブログのタイトルは「ふまじめな時間」としました。ふまじめと謳ってるところにふまじめなことが書いてあっても誰も何も思わないだろう。

そんなわけでよろしくお願いします。